三重県名張市、伊賀市、奈良県宇陀市、御杖村でお墓のことなら創業明治23年5代に渡って墓を作り守り続ける谷松石材へ

会社概要・沿革

ホーム > 会社案内 > 会社概要・沿革

ここから本文です。

谷松石材は、明治23年 初代 松之助が創業して以来、二代目 松太郎、三代目 敏雄、四代目 健二と130年にわたり地元に密着する石屋として、地域の皆様に愛されてまいりました。こうした永年のあゆみは、確かな技術とお客様との信頼関係により築き上げてこられたものと確信し、その信用を守り続けられるよう、日々業務に励んでおります。

会社概要

会社名 有限会社 谷松石材
代表取締役 谷口 健二
事業内容 墓石の加工販売、墓石の追加彫刻、墓石の修理、リフォーム、墓石の撤去及び処分、建築用石材の加工販売、灯篭・その他石製品の加工販売
本社所在地 三重県名張市南町786番地
社員数 9名
施工実施エリア 三重県名張市、伊賀市、奈良県宇陀市、御杖村、桜井市

 沿革

明治23年 初代谷口松之助により谷松石材を創業。
大正10年 松之助引退後、2代目谷口松太郎が谷松石材を承継。
昭和33年 松太郎引退後、3代目谷口敏雄が谷松石材を承継。
昭和63年 敏雄引退後、4代目谷口健二が谷松石材を承継。
平成7年 谷松石材桔梗が丘店を設立。
平成10年 4代目谷口健二により有限会社谷松石材を設立。

このページの先頭へ