三重県名張市、伊賀市、奈良県宇陀市、御杖村でお墓のことなら創業明治23年5代に渡って墓を作り守り続ける谷松石材へ

わたしたちの想い

ホーム > わたしたちの想い

ここから本文です。

130年続く石材店として、
「末代まで見据えたお墓づくり」をモットーに。

明治23年 初代 松之助が創業して以来、 130年にわたり石材店を営んでまいりました。二代目 松太郎、三代目 敏雄、四代目 健二と続き、現在、四代目 健二が社長、五代目 朋之が専務を務めております。

谷松石材は、地元に密着する石屋として長年にわたり、地域の皆様にご愛顧いただいてまいりました。

こうしたあゆみは、「末代まで見据えたお墓づくり」をモットーに、技術を磨き、お客様のご希望に真摯に対応してきたからこそと自負しております。

これからもお客様のご信頼を損なうことがないよう、永代続くお墓づくりを続けてまいりたいと思っております。

お墓は建ててからが大事。末永くしっかりとお墓を守ります。

お墓は、建てたら終わりではありません。建墓後も、納骨のお手伝い、戒名彫り、目地補修などが必要となります。

谷松石材では保証サービスもあり、末永くお墓をケアさせていただくことが可能です。建てて終わりのお付き合いではなく、お墓のことならなんでも相談いただける存在でありたいと思っております。

名張市仏教会推薦店、お墓の「専門家」です 。

お墓は地域ごとにしきたりなどが違い、いざ建てるとなると戸惑われることが多くあります。谷松石材は、名張や周辺地域のお墓事情をしっかりと把握しており、いわば「名張のお墓の専門家」。名張市仏教会からの推薦をいただいていますので、安心してご用命ください。

地域のお客様に「名張のお墓のことなら谷松石材に任せれば大丈夫」と思っていただけるよう、日々精進してまいります。

このページの先頭へ